2015年03月23日

美肌になるための食事とは


 毎日のスキンケアを美肌になりたいと頑張っている人は多いようですが、美肌のためには食事での栄養も重要になります。


 美肌になりたいならば、どんな食事がいいものなのでしょう。
質のいいたんぱく質が摂取できる納豆や豆腐など、大豆からつくった食べ物は、スキンケアを気にする人に適しています。


豆腐はとくにおすすめで、鍋に入れたりサラダにしたりとさまざまなメニューに取り入れることができます。



 美肌を目指すのであれば、ビタミンを意識して摂取する必要があるといいます。各種のビタミンが豊富なサラダは美肌に役立つといいますが、生野菜を大量に摂取することは余りよくありません。


実はボリュームの割に摂取できる野菜の量はそれほど多くありません。冷たいサラダは内臓を冷やしてしまうこともありますので、肌にあまり良いとはいえません。


温野菜を使って、栄養バランスのとれた献立にすることが、美肌効果が期待できる内容といえます。蒸し野菜を作る時には、にんじん、カボチャ、ブロッコリーなどの野菜を電子レンジで温めるだけでOKです。


最近はシリコンスチーマーなど美肌に役立つ美容器具も多く販売されているので、利用すると良いかもしれません。しっかり蒸し上がった野菜は、ドレッシングをかけずとも十分おいしく食べることができます。


外部からのスキンケアばかりでなく、美肌にいい食事をすることで、体を内側からつくりかえていくようにしましょう。



posted by doroawawa at 10:57| スキンケアの基礎知識

2015年02月20日

保湿美容液の効果とは?


保湿美容液にはさまざまな効果があります。保湿美容液とは基礎化粧品のひとつで、保湿のための美容成分が濃縮し配合されています。有効成分が高濃度で配合されているので他の化粧品と比べると値段も少し高めです。


乳液やクリームのようにオイルが用いられていないことが美容液の特性であり、他のスキンケア用品と異なる効果を持っている理由です。さらっとした肌触りが保湿美容液の特徴であり、オイルの多いスキンケア用品のようにべたつきません。



 肌トラブルのない、なめらかなお肌であり続けたいならば、保湿美容液を活用しましょう。保湿にいいだけでなく、リフトアップ作用や、抗老化作用がある栄養素なども、保湿美容液を使うことで皮膚に与えることができます。


普通肌の人であれば、スキンケアに必ず取り入れなければならないものではありませんが、目元や口元などポイントだけでも効果が得られるのでおすすめです。


保湿美容液は顔全体に使っても良いのですが、乾燥が気になる部分や、季節限定で使うなど部分的な使用でも十分効果があります。



 スキンケアは化粧水とクリームだけという人もいますが、保湿美容液を使うことで、肌の機能を高めることが可能です。


美容液はつけるけれど、化粧水やクリームは使わないという人もいます。自分に合う方法は人それぞれです。化粧水で水分を与え、美容液で栄養素を与え、クリームで蒸発防止のフタを皮膚につけるという考え方をしているような人もいます。



 保湿美容液の効果をアップするためには、肌質に合わせて保湿美容液を選択し、正しいスキンケアをすることです。


posted by doroawawa at 10:22| スキンケアの基礎知識

2014年12月25日

口のまわりのにきびケア


口の周囲にできたにきびの正しいケアとは、どんなものでしょう。

 Tゾーンは若い頃に、にきびがたくさんできますが、年配者のにきびはUゾーンにもできるようになり、口元や、あごなどにできたりもします。



 大人にきびの原因のひとつは、ストレスによるホルモンバランスの乱れです。男性ホルモンが多くなると皮脂の分泌が増加し、にきびができやすくなってしまいます。


女性の場合は生理前になると口の周りに、にきびができる人もいます。ストレスで暴飲暴食をすると胃にも負担がかかり、胃腸の働きを低下させ、にきびができることがあります。



 肌の調子が悪い背景に、腸が弱っていて便秘がちになっていることなどがあります。肌に負担のかかるひげそりや、化粧が、にきびになることがあります。


にきびができたのは、清潔さが保たれていないカミソリの刃で皮膚に触れたことが原因だったりもします。化粧汚れがいつまでも毛穴に留まっていたために、毛穴が化膿してにきびになることがあります。


 にきびケアのためにはまず、なるべくストレスを溜めないことが重要です。なるべく夜更かしをせずに規則正しい生活習慣を意識することも、にきびケアのポイントになります。胃腸になるべく負担をかけない食生活を心がけたり、ビタミンB群を取るようにする事も大切です。



 メイクをしたときはしっかりと洗顔をし、化粧品をきちんと落とすことが、にきびケアの基本です。体にいい食事と生活を心がけ、お肌を十分にいたわることが、にきびケアになるでしょう。


posted by doroawawa at 12:58| スキンケアの基礎知識

2014年11月19日

にきびケアの洗顔方法は?


 どのような洗顔をするかで、にきびケアがうまくいくかが決まります。
皮膚の汚れを落としつつ、かつ、顔の皮膚を傷めないようにすることが、にきびのケアのポイントです。



 にきびを予防、改善するための正しい洗顔には、手順があります。
手に多くの雑菌がついていては、意味がないので、顔を洗う前に、しっかりと手を洗いましょう。水ではなく、ぬるま湯で洗顔することも、にきびケアのためには重要です。


ぬるま湯にすることで、毛穴が開き、汚れや皮脂を落としやすくなります。毛穴が開いていた方が汚れがよく落ちるので、冷水は向きませんが、湯温が熱すぎると、顔を乾燥から防ぐ油脂まで流れてしまいます。



 効率的に洗顔をするためには、水で絞ったタオルをレンジで温めて、ほかほかにしたもので顔を温めるのもいい方法だといいます。弾力のある泡をたっぷり手のひらでつくって、その泡で顔を洗うようにします。


肌を擦らずやさしく洗い、特に、にきびケアの場合には皮脂の分泌が多いおでこや小鼻は、丁寧に洗顔することが大切です。


顔をすすぐときも時間をかけて、ぬるま湯できれいに洗い流します。洗顔料の洗い残しは、にきびケアの大敵です。シャワーで洗い流すのも、刺激が強すぎるので、にきびには良くないといいます。


すすぎが終わったら、タオルで擦らないように注意しながら水分を丁寧にふきとりましょう。



 毎日、肌に負荷をかけずに汚れだけを取り除けるような洗顔で、にきびをケアしていきましょう。


posted by doroawawa at 11:29| スキンケアの基礎知識